公式 ダイワ(Daiwa) AIREDGE(エアエッジ) 722HB・E 01404794-ロッド・竿

背景画像

公式 ダイワ(Daiwa) AIREDGE(エアエッジ) 722HB・E 01404794-ロッド・竿

  • 緊急雇用創出基金事業(地域人づくり事業)


  • ※納期表示のご説明

    仕様/規格
    ●全長(m):2.18
    ●継数(本):2
    ●仕舞(cm):114
    ●自重(g):135
    ●先径/元径(mm):―(2.2)/12.9
    ●適合ルアー重量:11~28g、3/8~1oz
    ●適合ライン(lb):10~25
    ●カーボン含有率(%):99
    ●付属品:竿袋
    ●ベイトキャスティングモデル
    ●※先径は竿先から最も近く、部品・糸巻きのついていない外径、()内は素材先端部の外径です。
    メーカー品番
    01404794
    商品説明
    ●並継の利点を最大限活かした「掛け」を重視したパワーロッド。レギュラーファストテーパーにすることで、適度なラインスラックを出しやすくバイトしやすい状況を作り出すことが可能。
    ●前期のフラッグシップが次期の下位機種にトップダウンするのはもはや過去の話。DAIWA WORKSプロアングラーとデザイナーが共に現場で磨き上げていくロッドはもはや上位機種のみに留まらない。エアエッジは全機種のブランクに高弾性HVFカーボンを採用すると共に、X45とブレーディングX構造が高負荷時のネジレを抑制。上位機種に引けを取らないDAIWA最新テクノロジーに裏付けられたロッドの性能は様々なフィールドやコンディションに対応する懐の深さを見せ、理想のテーパーを実現。アングラーは手にした瞬間、その剛せい感から導かれるコンフィデンスにより常に安定したパフォーマンスを発揮できる。オールステンレスSiCガイド、ダブルアルマイトリングにオリジナルリールシート(スピニングはFuji VSS)を搭載。スタイリッシュな外観は伊達ではなく、軽さだけにこだわったモデルでもない。ワンランク上のクオリティがエアエッジには存在する。
    ■良くあるご質問
    Q.(重量が表記されていない)ロッドの重量を知りたいのですが・・・まず、ロッドは同じ製品でも表面の塗装の量やガイドやグリップ部を接着している樹脂の量で重さが数グラム単位で変動することをご理解下さい。これは市販されているロッドの塗装工程や組み立て工程のほとんどがクラフトマンによる手作業で行なわれているためで、全ての製品を同じ重さにすることが不可能だからです。

    そのため、メーカーの公表しているロッドの重量は標準自重(生産されたロッドの平均重量)または設計自重(プロトタイプ完成時の重量)となっております。

    当店ではメーカー公表値のあるものに関しては仕様規格欄に記載しておりますが、メーカー公表されていないロッド(特に低価格商品)に関してはお答えいたしかねる場合がございますが、予めご了承願います。

    しかしながら、重くて釣りにならないロッドは当店では
    取り扱い致しておりませんのでご安心くださいませ。
    Q.Q ロッドの継ぎ部分が入りきらず、間があいてるのですが何故でしょうか?継ぎ部分の不具合でしょうか?  A 不具合ではございません正常です。こちらの継ぎ方式は【印籠継ぎ】(スピゴットフ  ェルール)と言います。季節や環境の変化による合わせ部の膨張、収縮と磨耗に対応する為に、メーカーによって異なりますが継ぎ目に間があくように設計されています。また、並継ぎタイプよりも印籠継ぎの方が素直なベンディングカーブを実現させる事ができるので素直なアクションに仕上がるメリットもあります。
    Q.リールとロッドの適合確認は出来ますか?同一メーカー製品同士であれば確認を行なうことは出来ますが、他社製品同士または輸入品につきましては確認を行なうことが出来ません。
    リールとロッドは取り付け部形状の共通規格が無く、適合しない場合がございますので、予めご了承下さいませ。

    ジャンル識別情報:/g1001/g201/g302/m302/

過去の記事一覧へ

公式 ダイワ(Daiwa) AIREDGE(エアエッジ) 722HB・E 01404794-ロッド・竿

Japan Data Vision Company Profile

日本データビジョン 企業情報

公式 ダイワ(Daiwa) AIREDGE(エアエッジ) 722HB・E 01404794-ロッド・竿

公式 ダイワ(Daiwa) AIREDGE(エアエッジ) 722HB・E 01404794-ロッド・竿

セミナー情報

お問合せ

採用情報

キャリア採用

トップに戻る